金沢漆器 能作 NOSAKU SINCE 1780

漆器のオンライン販売へ

JA | EN

漆と生きる金沢漆器の能作

NOSAKU
SINCE 1780

漆の光に魅せられて

漆から放たれる名工によって研ぎ澄まされた特有の光。そして、優美さを演出する数々の技工。その全てが、目に吸い込まれていくかのような特有の魅力に魅せられ、私たち能作は、その技を広く知ってもらうために、江戸時代より活動してきました。

HISTORY/能作の歴史

1780年の創業。
漆のある暮らしを
日常文化に。

安永9年(1780年)加賀之国尾山の武蔵ケ辻においてうるし業を創業。以来、200有余年、初代 能登屋作太郎より8代に至るまで、うるし・漆器の製造販売はもとより「うるし文化」の拡がりを目指しつづけてまいりました。

創業者よりの商訓「店はお客様の為にある」を奉じ、伝統的なうるし産業を、うるし文化を、新しい世代に向けて発信するとともに、生活文化の拡がりを目指します。

漆技工の粋を
伝える伝承者として。

加賀百万石の伝統工芸の粋 加賀蒔絵・金沢漆器を中心に、石川県の特産 輪島塗、山中塗を厳しい能作の検品師の目を通して皆様にお届けしています。

  • 〇金沢漆器
  • 〇加賀蒔絵
  • 〇輪島塗
  • 〇山中塗

KANAZAWA LACQUERWARE/金沢漆器

始まりは1630年。
貴族文化と武家文化を
表現した特有の漆器。

加賀蒔絵として有名な金沢漆器は、1630年頃、加賀藩3代藩主前田利常が美術工芸の振興に力を入れ、 桃山文化を代表する高台寺蒔絵の巨匠五十嵐道甫を細工所の指導者として招き、技法を伝えたことが始まりとされています。

五十嵐家一門が、歴代藩主に仕えるとともに技術を受け継いでいくとともに、多くの名工が江戸から招かれ、高い技術を伝承していきました。

王朝文化からの伝統を受け継ぎ、藩によって育成された金沢漆器は、優美な貴族文化に武家文化が加わった特有な漆器です。

MISSION/能作の使命

漆器の光を絶やさず、
未来への光に変えていく。

金沢漆器をはじめとした漆器文化は、現代において必ず必要なものではなくなりました。しかし、物の価値が変わったわけではありません。漆器というものに触れる場所・知る場所が日常的に無いからこそ、私たちの存在が活きてくると考えています。
私たち能作は、漆器を通した日本文化をこれからも能作を訪れる全ての人にお伝えしていきます。